吉高由里子はどんな子?生い立ちや性格など!

ドラマや映画など引っ張りだこの、吉高由里子さんですが、家族の事や生い立ちはどんな感じなのでしょうか?

プロフィールや出身中学、高校についても調べてみました。

スポンサーリンク

吉高由里子のプロフィール

本名:早瀬由里子

生年月日:1988年7月22年

出身地:東京

血液型:O型

身長:161cm

趣味:絵を書くこと

特技:広島弁、大阪弁

所属事務所:アミューズ

吉高由里子さんの本名は非公開ではあるものの、デビュー前の舞台や、実家の情報から発覚しています。

本名の早瀬も芸名になりそうな苗字ですよね。

吉高由里子の生い立ちは?

吉高由里子さんのご両親は高校入学前に離婚

どうやら母親が蒸発したという噂が目立つようです。

父親は自営業をしており、あまり家にいることができなかったのだとか。

そこで、母親と父方の母(祖母)との関係が悪くなってしまい、母親が蒸発したそうです。

吉高由里子さんは2人のなかを良くしようと頑張っていたそうですが、その努力は叶わなかったのですね。

実際の真相は分かりませんが、吉高由里子さんが2人のなかを良くしようと努力していた姿を想像すると胸が痛くなりますね。

吉高由里子の家族は?

現在は、父親、兄、祖母の4人家族です。

高校入学前に両親が離婚し、父親に引き取られたこあとから、その後は父方の祖母に育てられたそうです。

父親は自営業をしていることが分かりましたが、それもセブンイレブン日本体育大学店のオーナー業をしていたんですね。

吉高由里子さんも学生時代は店のレジをしたりと、自営業のお手伝いをしていたこともあったのだとか

兄に関しては、俳優の「加瀬亮」さんに似ているようです。

https://www.cinemacafe.net/article/2009/05/11/5960.html

加瀬さんが私の本当のお兄ちゃんにそっくりなので、それが現場で話題になり、とても盛り上がりました(笑)

と本人が映画PRの際に発言していましたので、間違いないようですね。

吉高由里子の特技は?

上記にもあるように、吉高由里子さんは特技に広島弁大阪弁を上げています。

東京都出身なので地方の方言は話せないはずなのですが・・・

詳細を調べたところ、父親は大阪出身ということもあり日常から大阪弁を聞いていたことから自然に話すことができたそうです。

広島弁に関しても、母親が広島出身なのでこちらも自然に会話ができるそうですよ。

家庭では、大阪弁と広島弁が飛び交い吉高由里子さんはどちらの方言で話していいのか迷うことがあるそうです。

いずれ大阪弁や広島弁で会話する演技がくるかもしれませんよね。

吉高由里子の出身中学や高校は?

吉高由里子さんの出身中学は世田谷区深沢中学校です。

中学時代は、タレントとして活躍している豊田エリーさんと同級生だったそうです。

こちらが中学生の時の吉高由里子さんです。

中学生ですでにこの出来上がりは、素晴らしいですね。

中学卒業後は東京都立深沢高等学校に進学しましたが、高校1年生の時に芸能活動が忙しくなったために、通信制の高校に転校したそうです。

ロリポップ!なら月々100円(税抜)から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

吉高由里子の性格は?

番組内では、さっぱりとした性格のようなイメージを持たれがちですが、実際はネガティブで深く悩むことも多いそうです。

共演者のからは

「天然で不思議ちゃんだと思っていたら、想像と違って頭のいい女性」

「すごく変わった性格の持ち主」

など、言われているようです。

実際はどうなんでしょうかね?

ロリポップ!なら月々100円(税抜)から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

吉高由里子さんは「蛇にピアス」の映画を撮り終えた後に、大事故にあい全治半年の重傷を負いました。

ICUに5日間もいたのち、一命をとちとめますが、脳にも損傷を受け性格が変わってしまった。

と言われていたり、

母親が天然で、明るい性格から遺なのでは?

などといろんな推測もあるようですね。

実際の性格は分かりませんが、深く悩むこともあったりネガティブな一面もあることから、ただ単に不思議ちゃんって訳ではなさそうですよね。

吉高由里子は濡れ場も?

吉高由里子さんは映画蛇にピアス」でヌードを披露しています。

当時は19歳でした。

蛇にピアス」で吉高由里子さんが演じるのは、生きている実感が希薄な少女「ルイ」です。

恋人に肉体改造を勧められて舌にピアスを開け、入れ墨も入れるという少女「ルイ」を熱演した吉高由里子さんはこの作品で、日本アカデミー賞新人俳優賞ブルーリボン賞新人賞を獲得しています。

この映画は蜷川幸雄監督がメガホンをとっていましたが、吉高由里子さんが撮影をする際

「ほとんど裸の映画なのに、裸を見ないで撮れるんですか?」

と言い放ち、蜷川幸雄監督は冗談交じりに「じゃ見せて」と返事をすると、吉高由里子さんはその場で裸を見せ、蜷川幸雄監督を驚かせいてたそうですよ。

当時19歳という若さのなか、2人の男性と濡れ場を展開し、すべて吉高由里子さんは自身が演技しています。

19歳という若さから、この体当たりな演技は女優魂が伝わってきますよね。

まとめ

今回は不思議ちゃんだと言われている吉高由里子さんの生い立ちや性格、家族の事や出身中学、高校などについて調べてみました。

今まで想像していたイメージとは違い、新しい発見ができたので面白かったです。

今後もドラマや映画など女優業が忙しくなるとは思いますが、事故や体調には気を付けて頑張ってほしいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
トレンドニュースランキング 安心してデータを預けられるレンタルサーバー。
月額100円(税抜)~容量最大400GBでWordPress簡単インストールなど
多彩な機能がついて、バックアップ機能も完備!

コメント

タイトルとURLをコピーしました