鬼滅の刃、猗窩座(あかざ)とはどんな鬼?人間だった過去は?

今回は「鬼滅の刃 無限列車編」に登場した猗窩座(あかざ)は一体どんな鬼なのか?

人間だった過去とは?上弦の参である猗窩座(あかざ)について調べてみました。

スポンサーリンク

猗窩座(あかざ)の声優は?

猗窩座(あかざ)の声優さんは、「石田彰」さんです。

プロフィール
生年月日:1967年11月2日(52歳)
身長:163cm
体重:52kg
出身地:愛知県
事務所:ピアレスガーベラ

52歳の方が猗窩座(あかざ)の声を出しているとは驚きです!

石田彰さんは、

●新世紀エヴァンゲリオン・・・渚カヲル

●銀魂・・・桂小太郎

などの声優さんとしても活躍しています。

猗窩座(あかざ)ってどんな鬼?

鬼の中でも最も強いとされる上弦の鬼の一人が猗窩座(あかざ)です。

猗窩座(あかざ)は、「鬼滅の刃 無限列車編」で炎柱の「煉獄」の命を奪った鬼

猗窩座(あかざ)はとても筋肉質な体をしており、髪の色やまつ毛の色がピンクで、顔には模様があります。

常に強い存在と戦い、強くなりたいという欲求がとても強い、猗窩座(あかざ)は武器などは持っておらず自分の拳のみで戦う鬼。

猗窩座(あかざ)が人間だった過去とは?

猗窩座(あかざ)が人間だったころの名前は、狛治(はくじ)

病弱な父親と2人暮らしをしていて、とても貧乏な家庭で生まれ育ちました。

病弱な父親の為に盗みやスリをし薬代を稼ぐも、11歳で刑罰を受けるという過酷な少年でした。

罪を犯したことによる入れ墨が狛治の両腕に3本刻まれ、父親は

まっとうに生きろ!まだやり直せる。俺は人様から金品を奪ってまで生き続けたくない!迷惑をかけて申し訳なかった

と、自分の病のせいで息子が罪の数を増やすことに耐えきれなくなり自殺をしてしまいます。

父親が亡くなってからは、喧嘩ばかりの毎日を送っていた狛治。

その腕っぷしもかなりなもので、大人7人を素手であっさりと倒してしまう程の強さ。

そんな狛治の前に現れたのが、「素流」という素手で武術を使う「慶蔵」という男性でした。

慶蔵は狛治のスジの良さに目をつけ、道場に来ないかと誘います。

慶蔵には「恋雪」という病弱な一人娘がいましたが、看病をしてほしいと狛治に伝え一緒に住むことに住むことになりました。

狛治にとって看病は辛いものと感じたことがないようで、恋雪の看病も父親の時同様生活の一部になっていきました。

もともとはとても優しい青年なんですよね猗窩座(あかざ)って

看病の合間を縫っては恋雪の父親である慶蔵に稽古を付けてもらうなど穏やかな生活を送っていました。

猗窩座(あかざ)の恋人は?

看病をしていくうちに恋雪の体調もよくなり、慶蔵は

この道場を継いでくれないか?恋雪もお前のことが好きだといってるし

と申し出ます。

恋雪が顔を真っ赤にしている場面がとても可愛らしかったです。

狛治は父親の言葉通り、またやり直せるかもしれないと思うと同時に、慶蔵と恋雪のことを命がけで守りたいと告げます。

ある日、狛治と約束していた花火を見に行ったところで、恋雪は狛治に逆プロポーズ。

これで幸せな夫婦生活が送れる思ったのもつかの間、狛治が結婚の報告をしに父親の墓参りに行った帰り道、恋雪が亡くなったと報告を受けるのです。

恋雪に一目惚れしていた隣の剣術道場の門下生が、逆恨み目的で井戸に毒を入れ慶蔵と恋雪はその毒によって殺害されてしまいます。

猗窩座(あかざ)と鬼無辻無惨関係は?

猛烈な憎しみを抱いた狛治は、隣の剣術道場の67名を惨殺

夜の街をさまよい歩いていたところに、67名の惨殺は鬼の仕業ではという噂を聞きつけた鬼無辻無惨が現れます。

狛治は怒り狂った状態で鬼無辻無惨に殴りかかろうとしますが鬼無辻無惨は自分の血を大量に注入し猗窩座(あかざ)が誕生

そして猗窩座(あかざ)は人間だった時の記憶は無くしてしまいます。

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入

猗窩座(あかざ)の最後は?

猗窩座(あかざ)の最後の戦いは炭治郎と義勇でした。

猗窩座(あかざ)は炭治郎に頸を切られましたが、頭部のない状態で2人と戦い続けます。

再び頭部を再生しようとしている過程で、過去の記憶がよよみがえります

人間だったころの記憶を取り戻した猗窩座(あかざ)は、炭治郎の正面から戦う姿勢に負けを認め自分の体を攻撃し始めますが体は再生していきます。

その時に病気で亡くなってしまった父親と、慶蔵が現れさらに過去の記憶を取り戻しますが、そこに鬼無辻無惨が現れ攻撃を阻止しようと語りかけます。

そこで現れたのは恋雪。

鬼無辻無惨の語りかけにより、炭治郎と義勇を攻撃しようとし始めますが、猗窩座(あかざ)の手をひき「ありがとう、もう充分です」とその足を引き止め、猗窩座(あかざ)は恋雪の胸で子供のように泣き消えていきました

まとめ

猗窩座(あかざ)の過去は本当に泣けます。切なすぎます・・・

涙なしでは見れないお話でしたよ。

猗窩座(あかざ)の強さの奥には、愛する人を殺された悲しさがあったのですね。

こんなことがなければものすごく優しい青年だったでしょうね。

鬼殺隊の敵ではあるものの、人気のある理由が分かりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました