起業家、前田裕二の生い立ちが壮絶!経歴やプロフィールなども!

今最も注目されている起業家、前田裕二さんの生い立ちが壮絶だったというのは本当なのでしょうか?

今回はSHOWROOM株式会社代表である起業家、前田裕二さんの経歴やプロフィール、壮絶な生い立ちなどについて調べてみました。

スポンサーリンク

前田裕二のプロフィール

本名:前田裕二(まえだ ゆうじ)

生年月日:1987年6月23日

出身地:東京都北区

職業:実業家

肩書:SHOWROOM株式会社代表取締役

前田裕二の経歴は?

2010年に早稲田大学経済学部を卒業後、外資系投資銀行UBS証券株式会社に入社。

2011年にはUBS Securities LLCに移り、ニューヨークで北米機関投資家に対しアドバイザーとして働いていました。

その後、2013年には学生時代かあ面識のあった、株式会社ディー・エヌ・エーの社長である南場智子さんのヘッドハンティングにより、株式会社ディー・エヌ・エーに入社します。

そして、2015年にはご自身が社長を務める「SHOWROOM株式会社」を設立します。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

前田裕二の生い立ちとは?

社長やコメンテーターとしても大活躍の前田裕二さんですが、いったいどんな生い立ちを送ってきたのでしょうか?

前田裕二さんは父親を亡くし、元々シングルマザーの家庭で生活をしていましたが、8歳のころに母親を亡くしたそうです。

その後は親戚のうちに引き取られたそうですが、このままお世話になるのも申し訳ないと、小学生ながら稼げるアルバイトはないかと日々探していたそうですよ。

そんな時に親戚のお兄さんからギターをもらい、弾き語りをはじめることになります。

始めは1日100円ほどしが稼げなかったそうですが、前田裕二さんのリサーチ力で1万円以上稼げた日もあったそうです。

小学生のころからリサーチして、お金を稼げるってすごいですよね。

前田裕二の兄の存在は?

前田裕二さんには10歳上の兄がいます。

10歳上のお兄さんは医者を目指していましたが、弟を育てるために進学をあきらめ高校卒業後は就職をしています。

前田裕二さんは一時期かなりグレてしまってい警察沙汰の事件を起こしてしまい兄を泣かせてしまったそうです。

そのことをキッカケに、兄を悲しませたくないと心機一転。

必死で勉強をし名門大学に合格できたそうです。

前田裕二の出身高校は?

前田裕二さんの出身高校は、東京都立深川高校です。

高校時代もお金に困っていたので、進学するつもりはなかったそうですが高校は出ておいた方がいいという親戚の勧めで深川高校に入学しました。

高校時代はバスケットボール部に所属しながら、学校が終わった後にファミレスでバイトをし、早朝には新聞配達の仕事して、年間の30万はかかる学費をなんとか支払って無事卒業できたそうです。

1日の仮眠時間は2時間ほどで、他の時間はほぼ勉強!

こんな生活を3年間も続けていたなんて驚きです。

前田裕二の出身大学は?

前田裕二さんの出身大学は、早稲田大学政治経済学部です。

政治経済学部は67.5~70.0ととても高くかなりの秀才であることが分かります。

前田裕二の著書は?

前田裕二さんは「人生の勝算」 と「メモの魔力」という著書を2冊執筆しています。

「メモの魔力」では

僕にとってメモとは、生き方そのものです。

メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。

メモによって自分を知り、人生のコンパスを持つ。

メモによって夢を持ち、熱が生まれる。

その熱は確実に自らを動かし、人を動かし、そして人生を、世界を大きく動かします。

誰にでもできるけど、誰もまだ、その魔力に気付いてない

とメモ術の紹介をしています。

内容は難しいですが・・・

確実に自分のタメになる本でした。


まとめ

今回はSHOWROOM株式会社代表である起業家、前田裕二さんの経歴やプロフィール、壮絶な生い立ちなどについて調べてみました。

会社の社長をしていうるだけあって、お金持ちの家庭で育ってきたと勝手に思っていましたが、全く真逆の家庭環境で驚きました。

今後もたくさんの活躍をするであろう前田裕二さんを応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました